チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ・黒鯛釣り必釣DVD講座


このように、あなたのチヌ(黒鯛)釣りを飛躍させるテクニックやノウハウを学べるのです。


釣り総合プロデューサー森永誠さんからの推薦コメントです。

釣り総合プロデューサー森永誠さんからの推薦コメントです。チヌ釣りは「フカセ釣り」がオススメな理由とは?

チヌ(黒鯛)は「紀州釣り」「落とし込み釣り」など色々な釣法で狙えるターゲットですが、
本講座では「フカセ釣り」をお教えします。

なぜ、数ある釣法からあえて「フカセ釣り」をお勧めしているか、おわかりでしょうか?

それは、一言で言うと「初心者でも簡単な仕掛けでゴーマル級の大チヌを狙え、チヌが釣れる確率が高い
からです。

チヌは磯だけではなく、防波堤でも釣れるので気軽にフィールドに行ける釣りでもありますが、 潮の流れが安定して
いるためフカセ釣りのメリットを活かせるだけではなく、大型のチヌも やってくるため非常に面白い釣りになります。


フカセ釣りの5つのメリット(【サブキャッチ】・・・画像でデザインを)

マキエをすることで、ポイントを自分で設定できます。

フカセ釣りではあらかじめ自分でポイントを設定し、狙うポイントを作り出すことができます。

チヌは緩やかに潮が流れるポイントや障害物のある場所を好むため、チヌの居場所を推理して
から、ポイントにマキエをします。

フカセ釣りを好むアングラーが多いので、情報を入手しやすい。

釣りは魚という生き物を相手にするため、地域ごとにベストの釣り方があります。

特に、チヌはどんなエサにでも食いつくため、フィールドによってアタリが来るエサも異なっています。

フカセ釣りは全国的人気のある釣法ですので、同じ釣り方をしているアングラーからの情報の
入手も容易です。

ウキにアタリがストレートに出るのでわかりやすい。

フカセ釣りはもともとはウキを使用しない釣りでしたが、近年はウキを使用するフカセ釣りが
主流になっています。

アタリが来た場合、ウキがグーッと水中に沈みますし、チヌの場合はアワセは遅めですので、
初心者でも簡単にアワセることができるのです。

マキエに同化させることで、チヌの警戒心が薄くなる。

チヌは警戒心の非常に強い魚として有名ですが、濁りのある水にいると、その警戒心が
驚くほど薄くなります。

ですから、マキエをしてやることで濁りを再現し、その中に仕掛けを自然に同化させれば、
チヌは食いついてきます。

水面直下から底まで広くタナを探れる。

フカセ釣りは上層から下層までを潮の流れに乗せて、幅広く探れるのがメリットです。

ウキ止めを使い、自由にタナを調整できます。

アタリが取れるタナを取れれば、あとは潮の流れに同調させて、チヌの口元にエサを
届けるだけです。

『なんでこんなに釣れるの!?』
		まずは6人の喜びの声をお聞き下さい。

本講座を受講された方たちは、初心者からベテランの方まで、様々なレベルの方が いらっしゃいます。

中には、釣り歴半年の初心者の方が、ゴーマルサイズを釣ったというご報告も…!

『講座を受けても、ちゃんとテクニックが身につくのだろうか…』

あなたがもし、こんな風に迷っているなら、先に講座を受講した先輩たちの声を 聞いてみて下さい。


自分に合った釣法にようやく出会えました!

愛知県 三木 順 さん


チヌ釣りの釣法を本に掲載されている
ものから学んで試しましたが、どれも
結果は今一つでした。
フカセ釣りについてもすでに挑戦済み
でしたが、「名人級の人の釣りは、
どこか違うのかもしれない」
と思い、
本講座に申し込んだのです。
講座では大変親しみやすい雰囲気で
名人が、一つ一つテクニックを解説
していた
ので最後まで しっかりとついて
いけました。
実釣編では、DVDを見ながら自宅で
名人の動きを再現しながら練習
して
いました。
その甲斐あって、いつもいくフィールド
では8枚の爆釣ができました

それに、フカセ釣りは名人が主張されて
いるように、状況に合わせて釣り方を
変化させることができるので、「求めていた
釣法はこれかもしれない。
ようやく自分に合った釣法に
出会えた!
」と感じられました。
今まではとにかくチヌを1匹でも多く釣り上げることが 目標になっていましたが、釣ること自体が
難しくなくなってきたため、今度は大型を目標にじっくりと釣るようになりました。
確かに、釣れるテクニックが身につくと楽しいです。 余裕すらあります。

おかげで、釣りが嫌いになりかけて
いた自分から抜け出せました!

大阪府 大滝 さん


チヌ釣りはいくらやっても全然1匹もチヌが
釣れなかったし、やり方を変えても無駄、
人に聞いてもわからない、といった感じで、
「もう釣りなんて嫌や!」と思いかけて
いました。
でも自分、負けず嫌いな人間なので、
1匹も釣れないまま、やめてしまうのは
プライドが許せなかったから、「釣れて
からやめよう」とすごく意地になって
波止場で竿を出していました。
釣り場に行ってもほかにいい方法が何も
思いつかないから、まったくアタリは
来ないし、マキエもエサ取りに全部
食われて最悪でした。
「どうせこれもダメだろうな」と半分ヤケに
なって申し込んだこの講座でしたが、「え、
そんな奥の手があったんかい…
」と
びっくりするようなことを教えてもらえた
ので、早速釣り場で試したところ、「アレ、
アレ!?」とワタワタするくらいにアタリ
が来て、とうとうチヌが釣れてしまい
ました
!!
本当、奇跡みたいな1枚でした。
釣れたとき、うれしくって、うれしくって、「釣れてからやめよう」と思ったことは、
もう忘れてしまうことにしました(笑)
嫌いになりかけていた釣りが、また好きになれそうです。

ありがとう!

お宝テクニックを教えてもらいました!

岐阜県 野口 史郎 さん


チヌ(黒鯛)を初めて半年のド素人ですが、
この講座のテクニックのおかげで、
なんと、並みいるベテランさんを
押しのけて、僕が50cm台を釣って
しまいました
!!
会社のチヌ(黒鯛)釣り愛好会に入会して
います。
僕が一番若くて、経験もありません。
ですが、皆で釣りに出た時に、チヌ(黒鯛)
を釣って25年のベテランの方がまったく
釣れなかったにも関わらず、僕だけ爆釣

しかも50cm台まで釣ってしまい、ベテラン
の方からは「これがビギナーズラック、
ちゅうんだろうな」と悔し紛れに言われ
ました。
僕は心の中では、『いやいや、ビギナーズ
ラックなんかじゃありませんよ…プロの
テクニック
を使ってますから』
と言い
返していましたが…。
講座の内容は僕みたいな初心者に
とって、どれも最高の内容でした。

実践できるように細かく指導されていた
ので、フィールドでも狙うところに迷いはなかったです。
それにしても、あの50cm台のチヌ(黒鯛)は本当に大きくて荒々しく、釣り上げたときは
信じられないほど感動しました

友達に「黒鯛の50cm台、釣ったゾ〜!!」と後で電話をかけまくったくらいです。
名人のテクニックがなかったら、絶対釣れていなかったと思います。
こんな感動を味わわせてもらい、ありがとうございました。

楽しめるのは、確かなテクニックがあるから!

和歌山県 星野 祥子 さん


カレと一緒にチヌ釣りを楽しんでいますが、
最近、なかなか釣れず、「いい釣り方って
ないかな」と思っていました。
それというのも、カレは釣りの結果が悪い
とすごく不機嫌になって、扱いづらいから
です。
逆に釣れているとすっごく機嫌が良く
なって、何かおねだりしても「いいよ」と
言ってくれるので、私はいつも「チヌが
釣れますよーに!」とお祈りしています。
わたしたちはいつもカゴ釣りでやっていた
んですけれども、あんまりカゴ釣りって
テクニックとかいらないんですよね。
わたしはタックルを作るのは苦手なんで、
カレに全部任せているんですが、釣れる
いい方法があるのなら覚えたいと思い、
受講しました

初心者向け」というのがすごく
有り難かったです。
チヌはいつも釣ってますけど、わたしは
ただ竿を振っているだけで、仕掛けとか
全然わかんなかったですから。
でも、映像でゆっくりと仕掛けの作り方も解説されていたので、わたしでもしっかり
と覚えることができました。

カレにも「フカセ釣りで今度やってみようよ」
と言うと、「え〜っ?」と最初は乗り気では
ありませんでしたが、DVDを見せるとやる気になってくれて、一緒にいつもの釣り場でフカセ釣りを
したんです。
すると…
釣れました!!
たぶん、今までで最高の釣果だったと思います

カゴ釣りではどちらかと言うと、肝心のチヌじゃなくって、サバとかアジがかかることが多かったの
ですが、フカセ釣りではちゃんと狙い通りにチヌのアタリが来て、二人で大興奮で釣っていました。
やはり確かな名人のテクニックがあれば、釣りってこんなに楽しめるんですね。
こんなに楽しかったのは初めてです。

ずっと、クロダイを追い求めていきたい。

千葉県 長谷川 竜也 さん


千葉の海が大好きで、房総でクロダイを
追っている 釣り人です。
クロダイのダンゴ釣りで主に釣って
いましたが、マキエで寄せて釣る方が
釣果があがるかもしれないと思い、
フカセ釣りを学ぼうと思って講座を
受けました


講座では名人がフカセ釣りのメリットに
ついて強調
されており、実際にフカセ釣り
でたくさんの釣果があがっている
、という
お話でしたので、僕は真剣に 学んでから
釣行に行きました。
最初は潮が動かず、エサ取りにやられて
いました が、名人のテクニックの通りに
「ある方法」
で 寄せて、潮が流れ出した
瞬間からアタリが止まらなくなりました
アタリについても、ニセのアタリに惑わされ
ること なく、竿を取って少しアワセながら
「グググー」と クロダイと確信できた瞬間に
がっつりとアワセた ので、エサ取りを釣り
上げることはありません でした。
慎重にやりとりをした後、クロダイが顔を出し、 42cmのクロダイを見事にゲットできました
僕はバラシがいつも怖かったのですが、バラさないコツについても教えて頂けたので、恐怖心を
取り除いて、自信を持って釣れるようになったことが 嬉しかったです。
まだまだ、ベテランさんにはかないませんが、これからもずっとクロダイを追い求めていきたいと
思います。
フカセ釣りは、僕にとって強力な武器になりました

肩書きも年齢も関係なく
楽しめるチヌ釣り!

大阪府 塩原 裕 さん


釣りを愛好している人はたくさんいますが、
お金のかかる贅沢な釣りもあれば、道具
さえ揃えてしまえば、さほどお金の
かからない庶民的な釣りもあります。
チヌは本当、庶民的な釣りですよね。
私は齢68を迎え、数年前に学校の用務員
の仕事を辞めてからは、毎日のようにチヌ
釣りにきています。
釣りをしていると、見知らぬ釣り人とも、
まるで旧友のように語り合えます。
釣り場では、とある大企業の社長さんと
一緒に釣りを楽しむこともあります。
元学校の用務員をしていた私も、社長さん
も、釣り場では肩書きなど必要ないから
です。
若い方とは釣りを通して交流を持てますし、
チヌ釣りは肩書きも年齢も関係なく楽しめ
るから、本当に素晴らしいと思います。
落とし込み釣りで楽しんでいた私でした
が、若い男性の釣り人がフカセ釣りで10枚も釣っているのを見かけて声をかけたところ、
本講座で受講して身につけた技術で釣っている、というお話を聞き、それならば早速私も
やってみようと、申し込んだ次第です

新しいことがなかなか飲み込めなくなってくる年齢ですが、DVDだと、何度でも再生して
見られる
のが良いところですね。
まだマニュアルや特典で頂いた質問集なども目を通している途中ですが、近いうちに講座で
習得したフカセ釣りを試してみたいと思っております。
どうもありがとうございました。

こんにちは、チーム黒夢関西で理事をしております、山崎 庄一と申します。

チーム黒夢関西は、日本有数のチヌ釣りとして有名な大阪港を拠点に、釣りマナーを守り、
チヌの「フカセ釣り」を楽しんでいる会
です。

会のメンバーと共に、安全で綺麗な釣り場作りをする活動も行っています。

また、マナーの向上だけではなく、「いかにしてチヌ釣りを楽しむか」ということが会の主眼となっております。

チヌの楽しさ、面白さを一番に味わい尽くしているのは私ですから、あなたにどうすれば心からチヌ釣りを
楽しめるのか
、お伝えできる自信があります。

私はチーム黒夢関西の理事という肩書きを持っているほか、現在チヌ釣り大会において 優勝を重ねているため、
周囲からは「名人」扱いをされておりますが、私自身はあくまで 「ただのチヌ好き」と思っています。



チヌ好きには一途な人が多いですね… 私自身もチヌのこととなると、ほかのことが何も見えなくなるくらい、
チヌに夢中です。

「磯の荒武者」と呼ばれるチヌの、凛々しくも美しい魚体と荒々しいアクションに魅せられる方は

チーム黒夢関西では、大体「フカセ釣り」だけで楽しんでいます。

チヌ釣りについてはたくさんの釣り人が研究し、紀州釣り落とし込み釣りなどの様々なテクニックが生まれて
いますが、会では「フカセ釣り」を採用しています。

それはこの釣法が最もシンプルで、かつ安定した釣果を得られる方法だからです。

私が今回制作した通信講座では、この「フカセ釣り」を徹底して解説し、「なぜフカセ釣りで釣れるのか」
ということをお教えしています。

講座の中で私が実際にフカセ釣りを行い、チヌを何枚か釣っている映像を撮影しました。

実は撮影当日、海が大荒れに見舞われてしまい、ほんの数時間の撮影で結果を出さなくては なりませんでした。

チヌのアタリも渋い状態で、釣りのコンディションとしてはかなり悪い状態でしたが、 私はもちろん、チヌを何枚も
釣り上げることができました。

なぜだか、おわかりでしょうか?

話は少し変わりますが、関西では豊かな釣り場が多いため、プロを脅かすほどの腕前を持った 釣り師の方たちが
ゴロゴロしています。

私が参加したチヌ釣り大会でも激戦となり、僅差で優勝したこともありました。

並みいる強豪を押しのけて、私がチヌ釣り大会で連続優勝できているのは、どうしてでしょうか?

その答えは、私が編み出した、フカセ釣りでチヌを安定して釣り上げるコツやテクニックにあります。

どんな状況でも安定した釣果を得ること。そして私はどんな厳しい状況でも数枚は釣れる自信が あります。

その日の釣果にムラがあるようでは、大会で連続して優勝するのは難しいものですし、 自然状況に合わせた
釣り方をするのもテクニックの一つです。

釣りは自然が相手ですから、調子のいい日というのはあります。

ですが、その日の運に頼るかのように10枚釣れる日もあれば、ボウズの日もあるというのでは、 テクニックとは
言えませんね。

また、渋い日に釣り上げる一枚こそ、深い思いが宿って貴重な一枚になると思いませんか?

そこでフィールドのコンディションが悪くても釣れる、常に安定してアタリを取るテクニックを、この度、
講座であなたにお教えします。

このテクニックがあれば、ボウズになることなく、チヌ釣りを楽しんで頂けるはずです。

安定してチヌを釣るテクニックはほとんど公開されていませんから、この講座はチヌ釣りに真剣に
取り組まれている方にとっては、喉から手が出るほどの価値があると思います。

さて、講座で学んで頂く内容についてご案内する前に、初心者が陥りがちなNGについてお話 しておきます。

ここで突然ですが、あなたに一つ質問をします。

「あなたは今まで、どんな方法でチヌ釣りを学んできましたか?」

ひょっとして、チヌ釣りの極意を謳った書籍や釣り雑誌で紹介されていた方法を、
あなたは試しているのでしょうか?

失礼ながら、このサイトを熱心に見て頂いているのであれば、
そこで得た知識が役に立たなかったから、ご覧頂いていると思います。

チヌ釣りはなまじ、たくさんの釣法があるため、初心者はどこから手をつけていいのかわからず、
難しく考え過ぎてしまう傾向にあります。

私も釣り雑誌を見るのは好きですが、チヌ釣りの紹介部分において ウキ釣り、フカセ釣り、ヘチ釣り、
ダンゴ釣り、カカリ釣り、ルアー釣り
…」など、1種類の魚を釣るために何種類もの釣法を提示されているので、
「これでは、初心者の方が迷子になってしまうのも無理はない」
と感じていました。

釣法については賛否両論ありますが、私の実経験から言って、「フカセ釣り」が一番です。

特に波止場での釣りは最強だと断言します。

そう言い切れるのは、大阪港の波止場で会のメンバーたちがフカセ釣りでチヌをどんどん釣って いるからです。

会のメンバーたちは、チヌ釣りの何たるかを理解しており、私が使用しているものと 同じテクニックでチヌ釣りを
楽しんでいますが、波止場で見かける、初心者と思われる釣り人は、しばしばボウズのまま、がっくりと肩を
落として帰ってしまいます。

彼らの釣り方を見ていると、やはり「チヌ釣りでやってはいけないこと」をやってしまっているんですね。

初心者のミスには共通点があります。

私がこれまで見てきたチヌ釣り初心者の方が陥っている「3つのNG」について挙げますので、
あなたが該当しないかどうか確かめて下さい。


チヌ釣りでやってはいけない、3つのNG

「NGその1バラシ」

バラシはチヌ釣りでは致命的です。

チヌ(黒鯛)はただでさえ警戒心の強い魚ですから、バラシをやってしまった時点で、
そのポイントはアウトになってしまうと考えた方がいい
でしょう。

そもそもバラシをやってしまう原因は、アワセが早すぎてきちんとフッキングできていないか、
あるいはラインに傷があるなど、タックルの強度に問題があることが考えられます。

チヌ(黒鯛)はアワセが遅くても釣れますので、そっと持ち上げてチヌ(黒鯛)の重みを
感じてから釣り上げるくらいでちょうどいい
です。

これは映像で解説しています。

講座ではこのような致命的ミスを避けるための基礎を丁寧に解説していますので、
しっかりと学んで頂けます。

NGその2不自然なサシエ」

チヌ(黒鯛)のフカセ釣りでは、マキエの中にいかにして自然にサシエを紛れ込ませるか
ポイント
になっています。

そしてチヌ(黒鯛)は潮に流されるサシエを追って泳ぐので、サシエが不自然に止まってしまったり、
あるいは水中の落下速度が不自然なほど早すぎると、途端に警戒して去ってしまいます。
ですから、自然な潮の流れを利用してサシエを流し、チヌ(黒鯛)に違和感を感じさせないか
という技術が必要
になります。

重要な項目ですので、講座でじっくりとお教えしています。

NGその3 : 「エサ取りを釣ってしまう」

チヌ釣りをしている人が必ず悩むのが「エサ取り」です。

エサ取りとは、チヌ(黒鯛)以外の魚がマキエに寄って食うことです。

せっかくうまく紛れ込ませたサシエに、エサ取りが食いついてしまうことがあります。

初心者の方は、魚がハリにかかっているかどうかを確かめる「聞き合わせ」がなかなか
できないため、「アタリが来た!」と勘違いしてエサ取りを釣り上げてしまうことがあります。

エサ取りの種類にもよりますが、聞き合わせをすると、チヌ(黒鯛)は重々しいアタリを感じますが、
他の魚であればふわっと軽い感じがするはず
です。

感覚的なものですが、実際釣って頂くと、すぐに見分けがつくようになれるはずです。

映像でエサ取りの対処法のお話もしておりますので、ぜひご参考にして下さい。


…いかがでしょうか?

あなたに当てはまるNGはありましたか?

書籍や雑誌にはたくさんの情報が書かれていますが、あなたが本当に知りたいことを 書いているものは
少ないはずです。

チヌ釣りは全国的人気のある釣りにも関わらず、チヌ(黒鯛)に関する特集が組まれることは あまりありません。

あったとしても雑誌の数ページに代表的な釣法をサラリと解説してあるだけか、 チヌ釣り経験者の体験談が
乗っている程度です。

その程度の情報では『チヌを釣る確実なテクニックを教えて欲しい』というあなたのニーズにそぐわないのも
仕方がないですね。

せっかく、「チヌを釣るぞ!」とわくわくしながら釣行に出られるのに、何の成果もなく

むしろ、中途半端な情報に踊らされてしまい、あなたがボウズで無駄な一日を過ごしてしまう 危険性もあります。

会社勤めをされている方であれば、貴重な休日をやりくりしての釣行ですから、なおさら がっかりですよね。

それに、雑誌の情報には正反対のことが書いてあったりするので、初心者は混乱して しまう可能性があります。

私がお教えするフカセ釣りは、決してそのような表面的なテクニックではありません

フカセ釣りの仕掛けそのものはシンプルで、ロッドやリールを特別高価なものにする必要もないです。

しかしながら、シンプルな仕掛けだからこそ、ちょっとしたコツを意識しなければなりません。

現在、フカセ釣りにすでに挑戦されていて「釣れない」という方は、フカセ釣りの利点を 理解されていないはずです。

そして、私が様々な釣法の中からあえて「フカセ釣り」をお勧めするのは、あらゆる状況に対応できる柔軟な
釣りができる
ためです。

チヌの活性が高いときは一日20枚を釣ったこともありますが、活性の悪いときでも最低、 数枚は釣って帰ります。

当然、活性の高いときの釣り方と悪いときの釣り方は同一ではありません。

釣れるときはこうして下さい。釣れないときはこのようにして下さい

…と、あなたにテクニックだけをお伝えするのは簡単です。

ですが、講座では「釣れるときの理由、釣れないときの理由」からお教えします。

「なぜ釣れないのか」という理由を理解することで、あなたがどんなフィールドに立っても、どのような気象状況でも
対処できる能力が身につくからです。

釣りは感覚的に覚えなければならない部分と、頭脳で計算する力が合わさって初めて

ですから、私の講座では単に使えるテクニックだけではなく、チヌの習性やフカセ釣りでなぜチヌが
釣れるのか、という論理的な側面についても学んで頂けるように構成しています


フカセ釣り3つの重要ポイント
「潮を読む」・「エサの同調」・「TPO」

ご存知のように、チヌは大変センシティブな魚です。

その繊細さと気難しさを女性にたとえるチヌ釣り師もおり、曰く、『逃げられるほどに、追いかけたくなる』とのことです。

フカセ釣りにとっての3つのNG、「バラシ」「不自然なサシエ」「エサ取りを釣ってしまう」は、つまり、
「チヌに嫌われる」行動なんですね。

では、どうすればチヌに好かれることができると思いますか?

それは、潮を読む」「エサの同調」「TPO」の3つのポイントを押さえておくことです。

釣れている人は例外なく、この3つを意識されています。

物事には原則というものがあり、チヌに好かれない人は、好かれるための原則を知らない と言えるでしょう。

こんな、たった3つのポイントを意識するだけでいいんですか?

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、チヌ釣りを難しく考え過ぎると、逆に釣れません。

釣りはそもそも、本質的には簡単なのです。

1.仕掛けを作り、
2.エサを魚に食わせ、
3.釣り上げる。

…たったこの3ステップだけです。

行動としては非常にシンプルなものです。

情報が溢れている社会ですから、中途半端な知識や本当かどうかわからない情報のせいで、 本来はシンプルで
簡単なはずのステップがどんどん複雑化されてしまっているようです。

私があげた3つのポイント「潮を読む」「エサの同調」「TPOは釣っている人にとっては当たり前過ぎることです。

しかし、この「当たり前」のことを忘れてしまうと結果として、釣れない原因になってしまいます。

まず、通信講座で学んで実践して頂く前の、基礎中の基礎として大切な心構えになりますので、以下を
お読みになって忘れないようにして下さい。


ポイントその1 : 「潮を読む」

フカセ釣りでは潮を読めないことには始まりません。

なぜなら、想定しているポイントに仕掛けを潮に乗せてフカセながら狙う釣りだからです。

また、潮の速さも速すぎず、遅すぎずが理想です。

上手にマキエをすることで、チヌをポイントに呼び込むことが可能です。

ポイントその2 : 「エサの同調」

マキエを流すゾーンにサシエを自然に同調させ、狙うタナへ落としていければ成功です。

チヌはまずマキエが広がったゾーンに向かい、エサを食べるために浮き上がってきます。

このように書くと非常に簡単ですが、フィールドで初めてトライされる場合には、
マキエの投げ方で悩まれると思います。

エサの調合や上手な投げ方にはコツがありますので、釣行に出られる前に覚えておくと
役立つでしょう。

ポイントその3 : 「TPO」

講座ではどんな状況下でも安定した釣果を得られるテクニックをお教えしますが、
あえて悪条件で釣りをすることはありません。

チヌが釣れやすい時期、釣れる時間帯、釣れる場所を選んで行く方が、釣れる確率は
グンと高くなります。

普段から実績のある釣り場の情報を収集するようにしておきましょう。


さて、3つのNG」「3つのポイントについて知って頂いたところで、あなた自身が現在抱えている
チヌ釣りに関する悩みに焦点を当てていきたいと思います。

チヌ釣りをこれから始めようとしている方、すでにチヌ釣りにトライされていて、釣れないと言う方、年代、性別、
職業を問わずに色々な方がチヌ釣りをされていますが、 持っている悩みには大体、共通点があります。


こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • チヌ釣りをやったことはあるが、まったく釣れなかった…
  • 超初心者で、仕掛けの作り方がよくわからない…
  • 一日釣っても1匹も釣れないので嫌になってきた…
  • 釣れても小物ばかり。ゴーマルなんて夢の夢だ…
  • 色々な釣法を試してはいるが、どれも効果がない…
  • 周りにチヌ釣りを教えてくれる人が誰もいない…
  • チヌを釣りたいが、未熟なので上手な人が多い釣り場に行けない…
  • 雑誌や本を買い漁ったが、やっぱり釣れない…
  • 釣れないから、つまらない…
  • マキエのやり方が、いまいちわからない…
  • チヌは警戒心が強すぎて、近寄っただけで逃げられる…
  • ビギナーズラックの後、全然釣れなくなった…
  • チヌの行動パターンが実はわからない…
  • 自分の釣り方はどこか間違っているような気がするが、どこが悪いのかわからない…
  • 釣れるポイントがどこなのかわからない…
  • 上手な人が周りにいないので、アドバイスが欲しい…
  • こんなに努力している自分が釣れないなんて不条理だ…
  • 本を読んでもわからないので映像で教えて欲しい…
  • フカセ釣りって何?というくらいに初心者だ…
  • 大会に出てみたいが、万年ボウズで無理だと思う…
  • インターネットで提供されている情報では物足りない…
  • せっかくヒットしても逃げられてしまう…
  • 「こうすれば釣れる!」というノウハウで釣れたことがない…
  • ガン玉の打ち方がわからない…
  • サシエをうまくマキエの中に紛れ込ませられない…
  • 「ゆっくり移動させる」と言われてもうまくできない…
  • アワセが早すぎて、いつも逃げられる…
  • 釣れている人の方がむしろ不思議だ…
  • 安定して釣る方法があるなんて信じられない…
  • たまには釣れるが、釣れないことの方が多い…
  • なんでこんなに色々な釣り方があるのかわからない…
  • チヌは好きだが、チヌからは嫌われている…
  • アタリのエサをどうやって見極めるのか予測不能…
  • 今の自分の釣り方では絶対釣れないと思う…
  • チヌ釣りに時間とお金をかけているが、成果に結びつかなかった…
  • 隣の人は釣れているのに、自分だけが釣れていないと消えたくなる…

…いかがでしょうか?

この中に、現在あなたの悩みに当てはまるもの、あるいは近いものが見つかりました でしょうか?

本講座の制作にあたり、私はこうしたチヌ釣りに関する悩みをお持ちの方が、
いかにして短期間で悩みを解決し、チヌを釣れるようになれるか
ということを念頭において、どなたにでもわかりやすく学べるように構成しました。

また、私がお教えするテクニックで本当に多くの方が普遍的にテクニックを向上できるのか、 望むだけのチヌを
釣ることができるかどうかを確かめるべく、講座のリリース前に初心者を 対象にモニターを募り、
実際に釣り場で私のテクニックを使ってチヌを釣って頂きました。

そのお話について、少しご覧下さい。


プロのテクニックで、3名のモニターさんが
フカセ釣り名人に大変身!

本講座のリリースにあたり、講座のテクニックで本当に初心者でも釣れるようになれるのか、検証を行いました。

今回、モニターの方に大阪港までお越し頂き、私と一緒にフカセ釣りを試しております。

そのモニターの方たちのお話を聞いて下さい。


新たな釣りの世界を、垣間見た思いがします! 和歌山県 木村 健治さん 27才

チヌを始めてまだ1年に満たない初心者ですが、友人との釣行で突然50センチ近いチヌが釣れて
「すっげー!!」と大感激して以来、チヌにハマってしまいました。

しかし、それはいわゆる「ビギナーズラック」というやつで、その1匹が釣れて以降、何度釣りに行っても
チヌが釣れることはありませんでした。

それで、チヌに関する情報が乗っている雑誌を片っ端から買っては読み、小遣いを貯めて10万円も
するロッドやリールを買って悦に入り、「これなら釣れる」とニヤリと笑っては実際の釣行で撃沈してを
繰り返していました。

あまりに釣れませんから、チヌはもう僕の中では神格化されてしまい、釣り当日は『おチヌ様がどうか
釣れますように』とお祈りしてから釣る有様でした。

チヌをたくさん釣っている釣り名人とおぼしき方を波止場で見かけては、釣り方について聞いたりも
していましたが、人によって言うことが違うし、「この釣法がいい」「いや、あのやり方の方が間違いない」と
言われると、結局どれが本当にいいのかわからず、頭がますますこんがらがっていきました。

「今日も釣れなかった…」とがっかりしている時に、友人経由で、フカセ釣りのテクニックを教えてもらえる
というモニターに応募させて頂きました。

フカセ釣りは実はもうすでに試していたので、「どっちかと言えば、落とし込みの方が釣れそうだけどなあ」
とは思ったのですが、名人の方に直接教えてもらえる機会はこの先ないと思ったので、いそいそと
参加させて頂きました。

山崎名人は僕のタックルを見て、「いいロッド、使ってますね…でも、ハリスが長過ぎるし、ガン玉も
この間隔では…」と僕が使用しているタックルの問題点やどうしてこのタックルではいけないかという
理由についても教えて頂きました。

僕は自分なりにこれまで、色々な雑誌や本で勉強してきたつもりでしたし、フカセ釣りについても、
もうわかった気でいました。

でも、今回名人のフカセ釣りのテクニックを教わって、「何も知らなかった!」ということがわかりました。

当日の大阪港での釣行は名人の指導で、見事5枚のチヌを釣り上げ、これまでボウズだった僕に
とっては本当に信じられない釣果でした!!

モニターとして参加させて頂いた大きな成果としては、「これまでどうして釣れなかったのか」が
理解できたことです。

テクニックだけではなく、チヌ釣りという根本から教えてもらえたので、盲点と言うのか、これまで
考えつきもしなかったこともありました。

目からウロコのことばかりでした。

おかげで、新たな釣りの世界を、垣間見た思いがします。

山崎名人自身は、12枚も釣り上げられていたのでさすがでした。

すごいテクニックをお持ちなのに気さくで、僕みたいな初心者にすごく丁寧に教えてもらい、
感謝しています。

これからは僕もフカセ釣り一本で、名人を目指して頑張りたいと思います。

自分の力だけでどんどん釣れるようになったら、またご報告させてもらいます。

OLだけど、本気でチヌ釣りをやってます! 大阪府 高杉 静香さん 24才

釣りに本気になっている女性は珍しいみたいで、波止場で一人で真剣に釣っていると、
「お姉ちゃん、よう頑張るな」とおじさんたちに話しかけられます。

チヌに魅せられて、まだ1年なんですけれども、いつかゴーマルを釣るのが目標です!

でも、チヌを釣ろうとしても、かかるのはエサ取りの小アジばかりで、アジまみれ。
肝心のチヌのアタリが全然来なくて悩んでいました。

行きつけの釣り具屋さんの釣果情報に踊らされてはボウズになり、「コレ、チヌ釣りで人気の商品ですよ。
いかがですか」と言われてしまうとつい買ってしまう、ダメダメなわたしなんですが、
『超・チヌに会いたい!!』という気持ちだけがつのってモンモンしていました(笑)

仕掛けに結構凝るタイプで、本で見た仕掛けも色々と試したけれども、うまくいかず…。

く、くやしーーー!!

何でかな? どうしてなんだろう?と自問自答していたところにこのたびモニターさせて頂いて、
テンションが一気に上がりました。

だって…

釣れたんです! 本当に釣れたんですよ!! 『夢のゴーマル級』が!!!

山崎名人もメッチャ優しくて、感動しました。

名人がキャストすると目の前でコンスタントにアタリが続いて、信じられない勢いで釣っていて、
カッコ良かったなあ〜。

わたしは筋金入りの釣りバカですから、ザクザク釣る名人の腕前に惚れちゃいそうでした。

フカセ釣りは、もちろん知ってはいましたけれども、状況に合わせて釣り方を工夫できる方法
だったんですね。

本を読んだだけで知っている気持ちになってましたが、実際に名人のテクニックを見せて頂くと、
「こんなの、本じゃわからないよね」と感じました。

本を読みあさっていた時間は無駄になってしまいましたけれども、今までの苦労がようやく
報われた気分です。

教えて頂いたフカセ釣りのおかげで、もうボウズで泣くことはなくなりました。

チヌって本当にかっこいいし、何度釣れてもホレボレしてしまいます。

ますますチヌ釣りに本気になってきました。

自分の釣りに自信を持てるようになったので、ブログを通じて知り合ったチヌ仲間と一緒に釣りに
行って、アドバイスしてあげたいと思います。

どうもありがとうございました!!

達人のおかげで、釣り人生のターニングポイントに立てました! 三重県 山本 道夫 様 36才

釣り自体は10年以上前からやっていますが、チヌ釣りを始めたのはつい最近のことです。

時間、労力、お金。たくさんのものを投資しました。

チヌは朝マズメを狙うので、早起きして釣り場に向かいますが、仕事で疲れた体に鞭打って行くので、
結構辛いですね。

好きでやっているのですから、文句は言えないのですが、まったく釣果がなく、そのまま帰ると疲労が
二倍になります。

これが、ゴーマルでも釣れてくれたなら、ちょっとやそっとの疲れなんて吹き飛んでしまいますけどね。

釣り経験そのものはありますが、チヌに関するテクニックはほとんどと言っていいほど知りませんでしたから、
名人級の方にテクニックを教わりたいと思っていたところ、モニターに選ばれたので本当に幸運でした。

仕掛け作りは慣れているし、ポイントについては事前に資料を頂いていたので、釣り場ではスムーズに
タックルを作って釣りに入ることができました。

フカセ釣りはマキエの中にうまくサシエを紛れ込ませる技術が重要、と聞いていましたが、チヌに警戒心を
起こさせないようにマキエをするコツや、自然に水中にサシエを紛れさせる技術には舌を巻きました。

おかげさまで、名人の横で教わった当日は面白いほどチヌが釣れ、しかも自分一人では決して
気づけなかったような釣りのポイントや欠点を教えて頂き、一気に開眼できたようで、私の
釣り人生にとって、ターニングポイントとなる意味深い一日となりました。

また、たくさん釣れるとチヌ釣りは本当に面白く、自分が忘れかけていた「釣りの本当の楽しさ」を
同時に教えられた思いでした。

山崎名人が、「釣りはね、楽しめば一番いいんですよ」とおっしゃられていたのが印象深かったです。

後日、講座のDVDについても自宅に送って頂けたので内容を拝見しましたが、私がモニターとして
教わった内容が順序よく案内されていて、真面目に講座を視聴するだけで、フィールドでも十分再現性が
あると思いました。

せっかく頂戴したDVDですので、もう一度勉強させて頂きたいと思います。

また機会がありましたら、ご指導をどうぞよろしくお願いします。


…3名のモニターの方々のお話はいかがでしたでしょうか?

私も正直申しまして、テクニックを多数の方に公開するのは初めてでしたから、 モニターさんたちから

「本当にこのテクニックは凄い!!」
「チヌが釣れました!」

という結果を頂き、ホッと致しました。

チーム黒夢関西」でもメンバーはフカセ釣りで、どんどんチヌを釣っていますが、やはり初心者とは違いますから
皆さんが上手に釣っています。

ですが、初心者でもこのように、テクニックを使用して同じように「釣れる」という検証結果を 得られ、今回私は
自信を持ってフカセ釣りのテクニックをリリースするに至ったのです。


本通信講座は、以下の1つでも該当される方にオススメします!

私が通信講座を特にお勧めさせて頂きたいのは、以下のような方たちです。


  • チヌ釣りに興味があって、これから始めてみたい方
  • チヌをどうしても釣りたい方
  • チヌ釣りの感動を味わいたい方
  • アタリが来なくて悩んでいる方
  • アワセがヘタクソで、チヌに逃げられてしまう方
  • チヌ釣りのテクニックがあり過ぎてどれがいいのかわからない方
  • チヌ初心者でも簡単に釣れる方法を覚えたい方
  • 興味津々だが、どこから手をつけていいかわからない方
  • 一日中釣っても結局チヌを1匹も釣れなかった方
  • 寝ても覚めてもチヌのことばかり考えてしまうチヌキチの方
  • チヌは釣っているけれどもフカセ釣りを覚えたい方
  • ゴーマル級のチヌを夢みている方
  • せっかくアタリが来てもチヌに逃げられてしまう方
  • 一から十までみっちりと基礎からフカセ釣りを学びたい方
  • プロの技を盗みたい方
  • 逃げられるほど、チヌを追いかけたくなる方
  • あきらかにビギナーの人に横で大きなチヌを釣られてしまった方
  • 「チヌって、カッコイイ…」と思っている方
  • 最短でチヌをザクザク釣るテクニックを覚えたい方
  • チヌの性格や習性をしっかりと教えて欲しい方
  • 釣り道具をどこから揃えればいいのかサッパリな方
  • マキエの効果的な方法を知りたい方
  • 基本的な仕掛けから覚えたい方
  • サシエを自然に潮に流して同調させる方法を覚えたい方
  • 防波堤で気軽にチヌ釣りを楽しみたい方
  • DVDを見るだけでフカセ釣りができるようになりたい方
  • フィールドで周囲の羨望の眼差しを浴びたい方
  • 一生をチヌ釣りに捧げたいと思っている方
  • 名人のチヌ釣りスタイルを学びたい方
  • チヌが釣れなくてすごく悔しい方
  • 人気のチヌのフカセ釣りをマスターしたい方
  • アワセが上手になりたい方
  • 脱ビギナーを目指している方
  • 週末はチヌ釣りが生き甲斐という方
  • 釣りで遠回りをしたくない方
  • 定年退職後の趣味としてチヌ釣りを始めたい方
  • 釣るために、どん欲にテクニックを学ぶ意欲のある方
  • チヌを釣ろうとすると、ほかの魚が釣れてしまう方
  • チヌ釣りデビューをしたばかりで釣果ゼロの方
  • 大会でいい成績を出したい方
  • 専門的なことよりも、とにかく結果を出したい方
  • まぐれで釣れて以来、さっぱり釣れない方
  • 釣れないときのとっておきの方法を知りたい方
  • ガン玉の効果的な付け方がわからない方
  • チヌが釣れるポイントの探し方を教えて欲しい方
  • 雑誌や本を見ても全然釣れない方
  • ボウズから脱出したい方
  • 近所の釣り場で「チヌ釣り名人」になってみたい方
  • チヌ一筋なのに、チヌに振られてしまう方
  • 劇的に釣果を伸ばしたい方
  • なぜ自分の釣りでは釣れないのか、知りたい方
  • 名人の確かなノウハウで手応えを感じたい方
  • チヌ釣りを極め、一歩上に行きたい方

私はできれば、チヌ釣りを心から愛している釣り人に、私のテクニックをお譲りしたいと 考えています。

「チヌがカッコ良くて大好きなのに、釣れない…」
「チヌ一筋で釣っているけれども、釣れるのは外道ばかり…」
「一度でいいから、ゴーマルサイズを釣りたい…」

そんなチヌに対する純粋な気持ちの方にこそ、チヌが釣れるようになって頂ければと思います。


※ 音声がでますので、ボリュームを確認して再生ボタンをクリックして下さい。

全7章の通信講座であなたが学べること

では、具体的にどのようにあなたが講座でフカセ釣りを覚えて頂けるかについて、ご説明していきたいと
思います。

堤防でのチヌ釣りはまさに、「攻め」の釣りです。

上手い、下手がはっきりとわかり、自分は釣れていても並びの釣り人たちが皆ボウズ、ということもよくあります。

そして時間帯や潮の流れなど、刻々と変わるフィールドの条件を察知し、素早く仕掛けを変えたり釣り方に変化を
与えて対応する柔軟性が求められます。

だからこそ、チヌが釣れたときには「自分のテクニックで釣れた!」という充実感や実感があり、釣り人はより
釣れるためのテクニックを探すのです。

通信講座では、「チヌが初めて」「フカセ釣りは初めて」という方でも一から学んで頂けるよう、基礎から
体系的にお教えしております。

もちろん基礎だけでは終わらず、実戦に即した一般では手に入らない私のテクニックも公開していますので、
中級者以上の方は、おさらいの意味を込めてぜひ第1章から視聴してみて下さい。

講座本編の構成は、以下のようになっております。


セミナー会場説明
第1章.はじめての人のためのチヌ(フカセ釣り)について

  1. チヌの習性
  2. フカセ釣りとは
第2章.フカセ釣りのタックル・道具・服装

  1. フカセ釣りに必要な道具一式
  2. 基本的なロッドの選び方
  3. 基本的なリールの選び方
  4. リールへの糸の巻き方
  5. 玉網について
  6. 仕掛けについて
  7. ウキについて
  8. からまん棒等その他小道具
  9. サルカンとの結束方法
  10. 服装について
  11. その他の服飾道具
第3章.仕掛けについて

  • オススメのハリスの長さやその理由
  • オススメのハリの形やその理由
  • ガン玉を打つのはなぜ?どういう時に打つ? などなど

【実釣編】現場説明
第4章.チヌ・フカセ釣り実践テクニック

  1. エサの配合
  2. 道具の配置
  3. 投げ方の基本
  4. タナどれぐらい狙う?
  5. 仕掛け投入後、どれぐらい待つか?
  6. アタリの出方と合わせ方
  7. リールのドラグ調整
  8. 取り込み方
  9. ストリンガーを実際に使う時
第5章.チヌがいそうなポイントと狙い方、天候など

  1. 釣れる時期と時間帯(春夏秋冬など)
  2. 釣れるポイントの選び方
  3. 釣り場天気を知っておく
  4. 初心者の潮の見極めについて
  5. 活性の見極め
  6. 昼と夜、晴れと曇りの違い
  7. 雨の次の日は?
第6章.一歩踏み込んだテクニック

第7章.Q&A(全28問もの質問&回答)



…いかがでしょうか?


講座修了後に身につく20の力とは?


なお、これらの科目を履修して頂くことで、あなたはチヌ釣りにおいて20の能力を 身につけられます。


  1. これまで釣れなかった人は、「なぜ自分の釣法で釣れなかったか」がわかる!
  2. 天候や潮の流れ、チヌの状態に合わせた仕掛け作りができる!
  3. チヌが最も釣れる確率の高いポイントを、仕掛けを入れる前に見抜ける!
  4. 釣れない時にどう対処すべきかがわかる!
  5. ポイントをずらすことなく、マキエを効果的に効かせることができる!
  6. 連釣するためのテクニックが身につく!
  7. チヌに警戒されないような仕掛けの流し方がわかる!
  8. 活性が低い冬でもチヌを誘い出す技が身につく!
  9. 潮の流れを読み、チヌがどう行動するか予測できるようになる!
  10. エサ取りと無駄な格闘をせず、チヌを釣り上げることができる!
  11. マキエにサシエを同調させる繊細なテクニックが身につく!
  12. 偽のアタリに惑わされず、きちんとアワセられるようになる!
  13. 狙っているタナが適切か、そしてタナを修正する方法がわかる!
  14. 適切なガン玉の打ち方がわかるようになる!
  15. 強風のときの適切な仕掛けの作り方と対処法がわかる!
  16. 潮が止まってもアプローチする方法がわかる!
  17. 季節ごとのチヌの狙い方を理解することができる!
  18. 人にアドバイスできるほどのチヌ釣り知識が身につく!
  19. チヌにアピールするサシエの付け方がわかる!
  20. フカセ釣りのすべてが身につく!

…さらに、今回、本来であれば「チーム黒夢関西」のメンバーにしか明かしていない、私の奥の手について、
本講座で特別公開致します。

フカセ釣りの基本を押さえて頂くだけでも十分、釣果を得られるはずですが、あなたが知りたいのはきっと、
「何か特別な」テクニックのはずです。

チヌ釣りアングラーは一家言持っていることが多く、私にもやはり、独自の哲学とテクニックがあります。

私が安定した釣果を上げているのも、自分自身の経験とテクニックに基づいたチヌ釣りの法則に
従って釣っているから
です。

それはほんのちょっとしたことを「知っているか」それとも、「知らないか」という点ですが、実際のフィールドに
おいては大きな分け目となっています。

真剣にチヌ釣りに取り組んでいる方であれば、チヌ釣りの基礎的なことはわかっていらっしゃるでしょうから、
ほんの少しのアドバイスで、ご本人も驚くほどの釣果を出すことは珍しくありません。

あなたもここまで読んで頂いたからにはきっと、「チヌが釣れるようになりたい」と強く願っている方の
はずです。

そのような方にこそチヌが釣れるテクニックをお教えしたいし、私が使っている「奥の手」をすべてお伝えできれば
と思うのですが、通信講座の目玉として公開しているため、どんなものかはここでは言えません。

ですが、『大体、このようなものです』ということくらいは申し上げても構わないと思いますので、私の使っている
奥の手」について、少し推理してみて下さい。


※山崎流、チヌ(黒鯛)フカセ釣り3つの奥の手

  1. エサ取りは仕掛けを●●にすると、回避することができます。
  2. 好ポイントかどうか見極めるには、●●を見て下さい。
  3. 大型のチヌ(ゴーマル)を狙うには●●に●●をしましょう。

はっきりとお伝えできず、申し訳ありません。

講座を受講して頂ければ、あなたがここで推理しなくてもお分かり頂けますので、私の3つの奥の手をあなたの
ものにして下さい。

また、初心者に限らず、マキエ作りで悩まれている方は案外多いようです。

エサの配合はチヌを寄せる大事な部分でもあります。

私がいつも行っているマキエのブレンド比率や混ぜる時間、タイミングなども 講座ではお教えしておりますので、
安心して勉強なさって下さい。

「講座」「勉強」というと構えてしまう方もいるかもしれませんが、楽しく覚えて頂けるように 構成していますので、
気軽に視聴して頂ければと思います。

実釣編では、実際の釣り場で私があなたを指導しているように想像して頂きながら、 釣り番組さながらの
ワクワク感を楽しんで頂ければ最高です。

連釣することも楽しいものですが、1枚のチヌを釣り上げるまでのプロセスも非常に大切だと、
私は考えております。

チヌ釣りは偶然で釣る釣りではなく、自身でチヌを誘い込んで釣るからこそ、釣り上げる 実感も大きいのです。

釣りに『絶対』はありませんが、あなたが求める1枚を頭で推理し、仕掛けに創意工夫を 凝らし、努力と情熱で
釣り上げるプロセスは、感動そのものです。

そうしたプロセス作りを講座で丁寧に解説しておりますので、ぜひとも私のテクニックを吸収し、 ご自身の
釣りに生かして下さい。


通信講座のお値段ですが・・・


講座で学んで頂ける内容をご覧頂いて、いかがでしたでしょうか?

念のため、確認しておきますが、今回あなたが手にするのはPDF版だけではなく、講座本編のDVDと
冊子版のマニュアルのセット
です。

DVDを視聴頂くだけで、私が持つ、フカセ釣りのテクニックをあなたのものにして 頂けますが、見逃してしまう
部分がないように、冊子版のマニュアルに私のノウハウを わかりやすくまとめています。

私がお教えするチヌのフカセ釣りは、「チーム黒夢関西」でメンバー全員が使用して安定してチヌを釣っている
方法でもあり、本来であればメンバー以外にはお伝えしない極秘のフカセ釣りのコツを網羅しています。

受講料が安ければ安いほど、あなたにとってお求めやすいとは思いますが、通信講座をこの度作成するに当たり、
撮影費用、講義編のためのセミナー会場のレンタル費、マニュアルの印刷費、DVDをあなたにお送り
するための送料
など、様々な経費がかさんでおりますため、それなりの価格になってしまうことをご了解下さい。

このように書いてしまうと、

たぶん、5万円くらい…? 最低でも3万円はするのかな?
それはチョット痛いなあ

…と思われてしまうかもしれません。

チヌ(黒鯛)好きにはお金を惜しまない方が多いですから、正直申し上げますと、 そのくらいのお値段で販売しても
講座は売れると思います。

ただ、私がこの講座を販売するに至った経緯として、会のメンバーから、

こんなに釣れる方法を、全国のチヌファンが知らないなんて、かわいそうだ
フカセ釣りのすごさを、初心者の人に教えてあげたらいいのではないか
わたしらがこれだけ釣れているんだし、間違いない
釣れると楽しいってことを教えれば、チヌ好きがもっと増えるはず
同じチヌ釣りを愛する人と、テクニックを分かち合いたい

…など、できるだけ多くの人にチヌ釣りの素晴らしさ、そして楽しむためのテクニックを 伝えて欲しい、という意見を
頂いておりましたので、1人でも多くの方に受講して頂けたら、 と思います。

そのため、経費を考慮に入れながら結局、本講座は、14,800円を定価としてご提供する ことになりました。

ですが今回、販売スタートを
記念した特別キャンペーン価格として、販売会社さんのご好意により、販売スタートを
記念して、特別キャンペーン価格でさらに、14,800円9,800円でご提供が可能になりました。

なお、この9,800円というのは、公式販売スタートを記念した期間限定の特別キャンペーン価格になります。

この価格はキャンペーン期間だけの特別価格になるため、 チヌのフカセ釣りを本気でマスターしたい方はお早めに
購入して下さい。

※ 販売キャンペーンは予告なく終了しますので、ご了承下さい。 それ以降は定価での販売とさせて頂きます。

これでも、「高い…」と感じる方が中にはいらっしゃるでしょうが、年間で月々に換算すれば800円ちょっとです。

講座の受講費用がそのくらいと思って頂ければ、近所のカルチャースクールに 通われるよりもお安くは
ないでしょうか?

この講座を本当に必要とされている方にとっては妥当な金額だと思いますが、 最終的なご判断はあなた自身で
判断して、決めて頂ければと思います。


上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、 再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。


・決済について


【チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)釣り必釣講座】のお支払いはクレジット決済代金引換となっております。

【チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)釣り必釣講座】の代金は14,800円9,800円です。

【チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)釣り必釣講座】は送料、代引き手数料は全て無料です。

ヤマト運輸or佐川急便の担当者が直接ご自宅までお持ちします。

代金引換をご希望の際は、その場で代金14,800円9,800円をお支払い頂き、通信講座一式をお受け取り下さい。
(おつりはヤマト運輸or佐川急便担当者の方で用意しておりますのでご安心下さい。)

9,800円でのご購入は、販売スタートキャンペーン期間内のみとなっております。

この特別価格はキャンペーン期間限定での特典ですので、本気でチヌ(黒鯛)を攻略 したい方は、お急ぎ頂くことをオススメします。

※ 販売キャンペーンは予告なく終了しますので、ご了承下さい。

なお、それ以降は定価での販売とさせて頂きます。


・発送について


【チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)釣り必釣講座】はヤマト運輸or佐川急便の発送システムを使い 安全・安心に
ご自宅まで直接お届けに参ります。

品名 : 「通信講座」
送り主 : 「合同会社ビジョン・プランニング」としてお送りいたします。

ご注文後、遅くても3営業日以内に発送いたします。

お客様の個人情報は保護されますのでご安心下さい。

配送は国内のみとなります。

受付は24時間365日可能となっています


ヤマトの画像

さらに、スペシャル特典を用意しました!

【スペシャル特典1】チヌ(黒鯛)に関する全28のQ&A DVD(全●●分)



チヌ(黒鯛)フカセ釣り28のQ&A集! (〜アンサーはDVDでご覧下さい!〜)

  1. チヌ、和名はクロダイ、この魚は全国的な人気を誇ります。 釣り人に受けている理由は何ですか?
  2. チヌ釣りをしているとチヌによく似た魚が釣れますが、これはやはり仲間ですか?
    そしてその仲間の名前は?
  3. チヌは雌雄転換する魚といわれますが、これは本当ですか?
  4. チヌのことを「年無し」、あるいは「ロクマル」という呼び名がありますが、この意味は?
  5. よくチヌは繊細で臆病だといわれますが、当たっていますか?
  6. チヌは夜行性だともいわれますが、これは正しいですか?
  7. チヌは雑食性といわれますが、最も好むエサってあるのですか?
  8. チヌはどういった場所に生息しているのですか?
  9. 古いチヌ釣りファンは決まって一昔前に比べると大阪湾のチヌは驚くほど増えている といいます。
    これはなにか理由があるのですか?
  10. もともとチヌは南方系の魚ですが、大阪湾では冬季も狙って釣れます。 これはなぜでしょうか?
  11. チヌは昼夜、いつが狙い時ですか?
  12. チヌ釣りにベストな潮周りってあるのですか?
  13. ベストな風というのはありますか?
  14. チヌ釣りにおいて晴れ、曇り、雨といった気象による影響はありますか?
  15. ここからチヌのフカセ釣りをテーマに話を進めます。 いま注目のフカセ釣り、大阪湾ではいつごろから
    スタートしたのですか?
  16. ドラグはどれぐらいに調整したらいいですか?
  17. ハリスはフロロカーボン、ナイロンとありますが、どれがベストですか?
    また、ハリスの長さはどのくらい取るのがベストですか?
  18. ハリはいろいろなタイプが市販されていますが、どんなハリがお勧めですか?
  19. オモリやガン玉はどの位置に、どのくらいのサイズを打ったらいいのですか?
  20. シーズンごとに基本となる、チヌのタナを教えて下さい。
  21. ハリスを底にはわせることもあると思いますが、 どのくらいの長さを底にあわせたらいいのですか?
  22. 最近、かなり遠投して釣ることが多いように思いますが、その理由は?
  23. 波止釣りにおいて、フカセ釣りのポイントはどういったところを選んだらいいのですか?
  24. 半日、1日釣るとしてマキエの量の目安は?
  25. マキエの撒きかたはどうするのですか?
  26. オキアミは1匹刺し、それとも房掛け、刺し方を教えて下さい。
  27. 偏光グラスについて教えて下さい。
  28. 近年、波止釣りでの事故が多くなっているようです。安全に釣る方法を教えて下さい。

…このような、数々の疑問に、年間100日を釣り場で過ごし一日20枚のチヌを連釣する山崎名人が
ズバリお答えします。

このDVDが無料でついてくるのですから、大変お得な特典となっております。


【スペシャル特典2】永久保存版!「チヌ釣り 必釣マニュアル」「チヌ(黒鯛)釣り」を網羅したガイドマニュアル(全●●ページ)です。




チヌ(黒鯛)釣りの攻略法がわかった、と受講生から喜びの声が続出!


フカセ釣りのテクニックが詰まった本編DVDと、2つの豪華特典はいかがでしょうか?

現在、講座で学ばれた方たちからたくさんの喜びの声が来ています。

キャンペーンを実施中ですので、多くの方が先を争うようにしてお申し込みされています。

チヌ釣り、特にフカセ釣りについてここまで詳しく解説している講座は見つからないはずです。

すでにスタートされている方は、フカセ釣りでボウズから脱出され、ご本人も驚くような 釣果をあげられています。

山崎名人が自信を持って公開しているテクニックを、お求めやすいキャンペーン中に ぜひ手に入れて下さい。

(多数の方々から感想を頂戴していますので、詳しくはコチラをご覧下さい。)

フカセ釣りは初めてでしたが、本当に釣れました。
今まで紀州釣りでやっていましたが、釣れなくて
悔しかったのでリベンジできました。
ありがとうございます。

会社員/37才/男性


チヌ釣りについて、ひととおり知っているつもりでいたが、
プロの技を知りたくて購入。
マキエと潮の読み方がとても参考になった。

自営業/40代/男性


チヌを追い求めて20年。
一日中釣ってもようやく数枚でしたが、この講座で教えて
頂いた釣り技術で安定して釣れるようになった。

無職/70才/男性


チヌって難しいんですよね?
講座で学んだ通りに釣っていたら、3匹をあっと言う間に釣れました。
本当に簡単でした。

大学生/22才/男性


釣り好きの旦那と一緒にチヌにトライしています。
マキエをしてもなかなか効果が出なかったのですが、
潮が流れていないところに撒いても無駄だったんですね。
講座のテクニックを試すのが楽しみです。

主婦/32才/女性


近所にチヌが釣れる防波堤があり、たくさんの釣り人に
混じって釣ってましたがボウズばかりでした。
フカセ釣りを試してみるとあっさり釣れてすごく面白かったです。

公務員/45才/男性


連釣なんてありえない、と思っていました。
一日粘っても釣れるかどうかでしたから…
でもこの講座で覚えたフカセ釣りを試し、4枚の連釣を達成しました。
プロのノウハウはやはり凄いです。

会社経営/50才/男性


すごく楽しい釣りができました。 仕掛けも割と簡単に作れました。
講座で結び方を丁寧に解説されていたのが良かったと思います。

OL/20代/女性



上記以外にも、ご購入者の皆様から続々とご感想を頂戴しています。
随時、追加していきますので、詳しくは、コチラをご覧下さいませ。

…いかがでしょうか。

現在、このように多くの方がチヌ(黒鯛)を釣り上げ、釣りライフをエンジョイされています。


フカセ釣りクラブ会長であるベテラン釣り師も大絶賛


チヌ釣りはすごく難しい印象があるのですが、私のような初心者でも釣れるようになれますか?

はい、大丈夫です。
チヌは食わせるのが難しいと思われていますが、本講座では初心者の方でも簡単に釣って頂ける
フカセ釣りについて解説しています。
仕掛けは比較的シンプルなものですし、初心者の方でもすぐに覚えて頂けるよう、映像で
しっかりと名人が丁寧に解説しております。
「初心者でも釣れるテクニック」というコンセプトで講座を作成しておりますので、ぜひ
トライしてみて下さい。



チヌの「フカセ釣り」とは何のことなんでしょうか?

フカセ釣りとは、マキエをして魚を集めたポイントにサシエを紛れ込ませ、同調させて 食わせる
釣りです。
マキエとサシエを同調させるには、潮の流れを読み、サシエをうまく流すテクニックが 必要です。
講座では潮の読み方やプロが使用しているテクニックやコツをわかりやすく解説して いますので、
初めての方でもフカセ釣りを短期間で習得して頂けます。



マキエをすると、エサ取りに悩まされているのですが、本当に釣れるんですか?

防波堤でフカセ釣りをしているアングラーは、エサ取り (対象魚以外の魚がマキエを食べてしまう
こと)に悩まされていることが確かに多い ようです。
講座では、チヌを知り尽くしている名人がエサ取りを避け、チヌにいかにサシエを 食わせるか
についてご案内していますので、エサ取りへの対処法も学んで頂けます。



ガン玉はそもそも何のためにあるのでしょうか? 講座で解説されていますか?

ガン玉はサシエを自然に水中に落下させるための重要な仕掛けです。
特にチヌ釣りでは「自然に落下させる演出」が爆釣するためのキーポイント となっています。
当然、名人がガン玉の打ち方について解説しておりますので、映像でしっかりと ご覧下さい。



超初心者で、仕掛けを自分で作る自信がないのですが…

「釣りは初めて」という方は、仕掛けをご自身で作れるかを心配されるようですね。
書籍や雑誌で仕掛けを見ると、大変複雑に感じるものです。
ですが、本講座は映像でゆっくりと仕掛けを作る様子を撮影しておりますので、
初心者の方でもうまくできるようになります。
DVDであれば、あなたが覚えられるまで何度でも再生できるので安心です。



チヌはどこで釣れるのでしょうか?

チヌは磯だけではなく、防波堤でも大型が潜んでいます。
手軽に近所の波止場で楽しめることもチヌ釣りの魅力です。



チヌを釣ろうとして他の魚が釣れてしまうのはどうしてでしょうか?

まず、フィールドの狙ったポイントにチヌがいるのに釣れないのか、それとも チヌが
存在していないかを見極めることが重要です。
フカセ釣りではアジやカサゴが釣れることがありますが、潮の流れを読めていないか、 タナが
合っていないことが考えられます。
講座ではチヌの居場所を見抜くコツをお教えしておりますので、チヌを釣る確率が 高くなります。



女性でもチヌ釣りはできるのでしょうか?

大丈夫です。
チヌ釣りは全国的人気で多くの女性ファンがおります。
力で釣り上げるわけではなく、テクニックで釣り上げます。
講座ではチヌを上手に釣り上げるテクニックを解説しているので、
腕の力が弱い女性の方でも安心してチヌ釣りを楽しんで頂けます。



釣り具は新しく揃えないとだめですか? お金は大分かかりますか?

初めて釣りにチャレンジされる方であれば、初期装備に若干のお金がかかります。
フカセ釣りはシンプルな仕掛けですし、講座で必要最低限の道具をご紹介しております ので、
無駄なく道具を揃えられます。
最初は必要最低限の道具だけを揃えて、慣れてきたら少しずつお金をかけるといい と思います。



チヌ釣りのマナーや注意点などは?

講座でもご案内していますが、チヌは音に大変敏感な魚です。
そのため、大きな足音を立てて歩くだけでも逃げ出してしまいます。
ほかの釣り人たちの迷惑にならないよう、大きな声で騒ぐことは控えましょう。
また、当然のことですが、ごみは必ず持ち帰って下さい。
タバコのポイ捨ては厳禁です。
風に飛ばされないように注意しましょう。



チヌ釣りは安全でしょうか?

チヌ釣りは防波堤や磯で釣るため、海の荒れ次第で危険が伴います。
事前に釣行当日の天気予報を確認し、フィールドの下見や情報収集を行っておくことを
お勧めします。 また、水辺は滑りやすい場所が多く、釣りに夢中になって足を滑らせることも
考えられるので注意が必要です。
磯で釣りをする場合には救命具を身につけるなど、安全に対する配慮を しっかりとして下さい。



主に初心者にわかりやすい内容の講座ということですが、中・上級者にはあまり役に
立たない内容なんでしょうか?

本講座はチヌ釣りの初心者でもフカセ釣りをマスターして頂けるよう構成されております。
ですが、一日20枚のチヌを釣り上げた名人のテクニックが随所に散りばめられて おりますので、
中・上級者の方でも講座を受講されることで、さらなるレベルアップが 図れるでしょう。



インターネットを通しての購入が不安です。
それに、教えてくれる内容には本当にそれだけの価値があるんでしょうか?

インターネット販売の詐欺事件が新聞をにぎわすこともあり、ご不安を感じられている かも
しれませんね。 個人情報については厳重に管理・取り扱いをしておりますので、インターネット販売でも
安心してご購入頂けます。
また、今回ご提供する通信講座では、数々の大会を制してきたチヌ釣り名人の技が 凝縮された
ノウハウであり、本来であれば販売価格の数十倍の価値がある情報です。
チヌが釣れずに悩んでいる方、またプロの教えを乞いたい方にとっては値千金の情報 と
言えるでしょう。



個人情報保護はどうなっていますか? セキュリティはしっかりしていますか?

個人情報保護法に則り適切な管理をしておりますので、ご安心下さい。
お客様のプライバシーを第一に考え、お申し込みの際に入力された個人情報は、
厳正な管理の下で安全に保管致します。



商品を送ってもらう際、商品名は何て書いてありますか?
また、配達日時の指定はできるんでしょうか?

はい、大丈夫です。
商品名は一切記載されません。
「通信講座」という名称でお送りさせて頂きます。
また、注文の際、備考欄に希望の日や時間帯などをご記入できますので、
配達日時のご指定も可能です。





【追伸1】
釣りという夢を与えたい


現在の社会は、「将来に希望を持てない」「何をしたいのかがわからない」という若者を中心に、
厭世観が漂っています。

物質的に豊かな社会であるはずなのに、「幸せ」を実感できず、「夢」がないということですね。

でも、私が釣り場で出会う人たちは、若者から高齢者まで、皆輝くような笑顔を持っています。

魚が釣れた瞬間、イキイキとした表情で、「釣れた!」と大喜びです。
釣れた人の笑顔は、周囲の人の心も明るくしてくれます。

釣りはただの遊びではありますが、夢中になって釣っている間は「幸せ」を実感している と言っていいほど
楽しいものです。

十分恵まれているはずなのに、「幸せ」を実感できない。

それはひょっとすると、「遊ぶ」ことを忘れてしまっているからかもしれないですね。

釣りという遊びは、釣り人たち皆に小さな喜びを与えてくれます。
目の前に広がる大きな海原も、自分の抱えている悩みのちっぽけさに気づかせてくれます。

私はかつて、「釣り」に飽きたことはありません。

生涯現役で、釣りを楽しむのが私の目標です。

また、私は釣りを通して多くの素晴らしい仲間を得られ、釣りが人生の豊かさを支えて くれています。

講座では、私がこれまでに蓄えたすべてのテクニックを詰め込んでいますが、ノウハウだけではなく
釣りをきっかけに、人生を大きく広げて、楽しんで欲しいという願いを込めています。

実際に私の講座でテクニックを身につけた方から

チヌが初めて釣れました!嬉しくて、ついご連絡してしまいました!!

とご報告を頂くと、私まで喜びのお裾分けを頂けたようで胸が温かくなります。

私がお伝えするテクニックでチヌを釣る喜びを知って頂き、そして釣りを通してあなたが人生に夢や
楽しみを抱くきっかけとなれば、こんなに嬉しいことはありません。



理由

【チヌ釣り】 爆釣動画サンプルはコチラから
お名前(姓)
メールアドレス


登録後、メール講座という形でチヌ爆釣のための秘密を、
動画付きでお届けしますので、どうぞご期待下さい!!!

【追伸2】
安全で楽しい釣りができる環境を守りたい


私は「チーム黒夢関西」のメンバーと共に、数多くのチヌファンが羨む大阪港でフカセ釣りを楽しんでいます。

メンバーで釣りを楽しんだ後は必ず、「クリーン作戦」と題して30分程、釣り場の掃除を 全員で行います。

残念なことに、釣り場にゴミを残していくマナーの悪い釣り人がいるため、 ゴミ袋がいくつあっても足りない程、
いつも袋がパンパンに膨れ上がってしまいます。

同じ釣りを嗜む者として、私は会の活動を通してマナーを向上させる運動をしております。

この場を借りて、同じく釣りを楽しまれているあなたにも 「釣り場を綺麗に、マナーを守ろう」ということを
お伝えさせて頂きたいと思います。

「情けは人のためにあらず」ということわざがありますが、マナーを守ってクリーンで 快適な釣り場作りをするのは、
ご自身のためにもなります。

せっかくお気に入りのフィールドがあっても、釣り人のマナーが悪いため、閉鎖されてしまう こともあります。

実際、私たちが愛用している大阪港では、転落による死亡事故をきっかけに 「大阪港釣り禁止条例」が出され、
危うく釣り場が全面禁止となるところでした。

きっかけは事故でしたが、それ以前から不法投棄や、モラルの低下による周辺への ゴミ問題などが下地として
あったのです。

大阪港は関西に住む、多くの釣り人が愛してきた釣り場ですし、私も一人の釣り人として 安全とマナーの向上に
努め、楽しい釣りができる環境を守っていきたいと思います。

あなたがもし、関西においでになることがあれば、私がチヌを釣っているところを見かける かもしれません。

その折には、ぜひ声をかけて下さい。



上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、 再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。



【トップページ】 | 【お客様のご感想】 | 【特定商取引法に基づく表記】 | 【プライバシーポリシー】